暢気眼鏡

日々の記録、公演案内など。

モノクロームへようこそ

白黒の映画を、自分で選んで初めて見たのは

多分「カリガリ博士」だったと思います。

 

まだ頭でっかちのお手本のような10代後半の頃です。

先人達が評価する映画を片っ端から観て、大人になりたかった時代です。

 

とりあえず観てはみたものの。

当時は解らないというのも悔しく、解ったようなふりをしていましたが、

あれから随分時間が経った今なら言えます。

解りませんでした!

今観たら理解出来るのかどうか、うーん、あんまり自信はないです。

 

あの頃はとにかく背伸びをしていたのです。

物を知らない事が恥ずかしかった。

たくさんの映画を観て、たくさんの本を読んで、たくさんの音楽を聴いて、自分の道を決めたかった。

 

何十年経って、

なんだかんだで今の道を歩いています。

まだ歩き続けています。

 

 

May「モノクローム」、いよい来週となりました。

スクリーンに映る世界。

映らない現実と真実。

フィルムを回し続ける人達。

白黒の中の追憶を探す人達。

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

f:id:shihotnk:20161210014334j:plain

 

May's frontview Vol.36

モノクローム
作・演出 金哲義

 

日時:
2016年
12月17日(土)14:00/19:00
12月18日(日)14:00/19:00
12月19日(月)15:00
受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です
会場に駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮下さい。

 

会場: シアトリカル應典院
(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)

 

料金:
【一般】前売 2,800 円/当日 3,300 円
【シニア(65歳以上)・中高生割引】前売当日共 1,500 円
※小学生以下無料

 

 

★チケットご予約はこちらから★

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 訪問看護 ミラートレーダー 初心者 勤怠システム 訪問看護 八王子