読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暢気眼鏡

日々の記録、公演案内など。

ノーイングリッシュ×2人

もともとよく道を聞かれるなあと思ってましたが、私は「外国の人に道を聞かれる」率が半端じゃないです。

もちろん英語でやりとりできるはずもないので、地図書いたり一緒に電車乗ったりホテルまで案内したりと。色々です。何故なんだ。

昨日はまたしても外国人男性にホームで難波までの行き方を聞かれ、説明する自信もなかったし途中までは自分も行くので、そのまま一緒に電車に乗りました。

ちなみに以下は
『僕は英語が喋れません』
「あ、ミートゥです」
な2人の片言英会話です。
彼はかなーり英語にクセが合って聞き取れないのです。

『(JRラインパスを出す。名前と国名が書いてある)僕ここから来たよ!アルゲリーノ!』※意訳
「(どこだこれ)」
『知らない?南アメリカにあるよ!僕はスパニッシュ』※意訳
「(南米でスペイン系の国ってどこだっけ)へえー、スパニッシュ!」
『日本でやってるワールドカップ知ってる?フットボール(パーカーの胸に付いたエンブレム指す)』※意訳
「(瞬時に日韓W杯と勘違い)え、あなたフットボールプレイヤー?ワールドカップ出たの?」
『ノーノー。僕はファンだよ。広島、長居、横浜に行くんだ』※意訳
『イエス!』

ここでやっと話噛み合う。
※要約してますが実際はこんなスムーズに会話できてませんし、私は半分日本語です。

もし同じ車両に英語ペラペラな人いたら、さぞおかしな会話になっていたことでしょう。
一生懸命英語で話す彼に、「わざわざ応援しにきたの?遠くから大変やねー」とか思っきり日本語で返事してるし。

この後『JRラインパスは便利だ』『あなたは日本人?』『新幹線のひかりで東京から3時間』などの片言会話を挟み、最後にもう一度ラインパスを取り出し、

『僕の国、ここ。アルゲリーノ。知ってる?』※意訳

ちょっと悲しそう。

「…ごめんね、知らない」

ますます悲しそう。

『日本では有名じゃないの?アルゲリーノ。マラドーナ、メッシ…』

ああ!

f:id:shihotnk:20151216155056j:image

アルゼンチンだ!

”アルゼンティーナ”だったのか!

私の耳には《アルゲリーノ》としか聞こえず、まだまだ世界に知らない国があるんだなあと勝手に思いこんでました。
そりゃアルゼンチン知らないって言ったら悲しそうにされるわな(もしくはこいつは地理を知らないと思われてるか)と合点がいき、
「知ってるよ!日本でも有名!イエス、マラドーナ!」と笑顔でフォロー。
その甲斐あってか彼もにこにこ。
ああ良かった。

後で調べたらアルゼンチンのチームが出てたんですね。知らなかったのでえらく遠回りな国際交流となりました。

マラドーナに感謝。グラシアス。

てなわけで。リバープレートサポーターの皆様、決勝進出おめでとうございます。
明日からまた環状線内がアルゼンティーナ祭りになるのでしょうか(今日夕方、乾杯&大合唱が始まっていた)。

追記
マラドーナの画像検索結果、面白すぎ。

f:id:shihotnk:20151216020359j:image

f:id:shihotnk:20151216020415j:image

f:id:shihotnk:20151216021204j:image