暢気眼鏡

日々の記録、公演案内など。

高校でマダン劇!

前日から風邪気味の柴崎くん。

ゆうじ「大丈夫?風邪薬飲んだ?」
シバ「朝、パブロフ飲んできました」
田中「パブロンやろ?パブロフは犬やん」
キム「…博士や」

と、高校の応接室で不毛な会話をする4人の大人達(主に真ん中ふたり)。平均年齢はまあまあ高めです。
今年で3回目になる学校公演に行ってきました。
まずはキムさんの講演が50分(人権学習)、その後に約30分のマダン劇。
人権学習というと堅苦しく聞こえますが
、遠慮なく何でも聞いて!というキムさんの講演は控え室で聞いている我々にも面白く、生徒さん達も事前アンケートで素直な質問をたくさん書いてくれており、「知らない事を知る」という学習としてはとても良いきっかけになったのではないかなと思います。

「マダン」は韓国語で「広場」。
広場で一緒に遊ぶMayスタイルのマダン劇。教室でも野外でも、楽器とお客様がいればそこは舞台になります。

Mayはこれから学校公演などでマダン劇を上演できたらなと思っておりますので、どんな感じかな?とご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください!

★ホームページはこちらです。

f:id:shihotnk:20150927031839j:image

f:id:shihotnk:20150924192100j:image